「トライシクル」上手く使うと便利なフィリピンの乗り物について

トライシクルの題名フィリピン
スポンサーリンク

 

バイクの横にサイドカーが付いたあの乗り物は何だい?

あれは、トライシクル(tricycle)だよ

実はこのトライシクル、安くて非常に便利なんです。私はよくトライシクルに乗って移動してます。

この記事ではそんなトライシクルの乗り方や運賃、特徴などをご紹介いたします。

この記事を読み終えると、明日から迷わずにトライシクルに乗ってスイスイ移動できるようになりますよ。

スポンサーリンク

「トライシクル」上手く使うと便利なフィリピンの乗り物について

 

フィリピンではジプニーと並び、最もメジャーな乗り物であるトライシクル

現地人の移動には欠かせない乗り物で、特に短距離の移動に適しています

大通りは走らないので、中心部から少し離れた主に小さな道路や住宅街を走っています。

フィリピンには多くの移動手段があり、特にこのトライシクルを上手に使うと、安く効率的に移動が可能になります。

トライシクル 上手な使い方

フィリピン人の上手な移動パターンとしては、

長距離の移動をバスやUV Expressや電車→そこから中距離移動をジプニーで→最後に家までの小さな道をトライシクル(状況に合わせてバイク)

現地人はこのような使い分けをしています。

バス、UV Express、電車の乗り方については、下記の記事をご覧ください

「最新」フィリピンのバスの乗り方や運賃、メリットとデメリット

「UV Express」フィリピンの乗り合いバンについて

「MRT」フィリピンの電車の乗り方

トライシクル 種類

車体は1人タイプと、複数人乗るタイプの2種類があります。

中には電動タイプもありますが、ほとんど走ってません。

トライシクル 乗り方

乗り方は簡単で、手を挙げるか近寄ると停車してくれます。またはタクシーのように溜まり場みたいな場所もあります。

乗車はサイドカーの中か、運転手の後ろに乗ります。

サイドカーの中は非常に狭く、道路もガタガタなため結構揺れるので、気をつけないと頭を打ちます。財布や携帯なども落とさないように気をつけましょう。

降りるときは、英語で声をかけるか、タガログ語で「パラーポ(降ります)」と言えばOKです。

トライシクル 運賃

運賃は都市やエリアによりますが、だいたい20ペソからです。

マニラとセブでも違いますし、エリアによっても変わります。また単独で乗るのか、複数人で乗るのかによっても変わってきます。マニラだと5分ほど乗って、安くて50ペソくらいです。

彼らは現地人以外にはぼったくろうとしてくるので、事前の金額交渉は必須です。最初はほぼ100%高い運賃を言ってきます。
トライシクルの運転手はあまり英語が話せない人も多いので、簡単なやり取りだけでもタガログ語が話せると便利だと思います。マッカーノ?(いくら?)、パラーポ(降ります)は覚えておいて損はないでしょう。

支払いの際、500ペソ札だと拒否されます。

20,50,100ペソ札での支払いを想定した方が良いです。

「トライシクル」上手く使うと便利なフィリピンの乗り物について まとめ

トライシクルのイメージ

いかがでしたか?

フィリピン人には重要な足となっている、トライシクル。

私たちも賢く利用できれば、安く効率的に移動が可能になりますよ。

ぼったくりやスリ、事故などには十分気を付けた上で、うまく利用していきたいところです。

以上、トライシクルについてご紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました