【パラワン島エルニド】場所や行き方を紹介(最短コース・最安値)

エルニド
スポンサーリンク
旅行に行きたい女子
旅行に行きたい女子

パラワン島のエルニドに行ってみたい。

でもどうやって行くの?

そんなお悩みを解決いたします。

この記事では、”フィリピン最後の秘境”と言われるリゾート地、『パラワン島エルニドへの行き方や場所』をご紹介します。

読み終えると、エルニドへ最短ルート・最安値で行く方法がわかります。

 

スポンサーリンク

【パラワン島エルニド】場所や行き方を紹介

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

エルニドはフィリピン南西部、南シナ海に浮かぶパラワン島北端に位置し、海洋保護区にも指定されています。

 

未だ手つかずの自然がたくさん残っているこの地は、世界中のセレブが愛してやまないリゾートアイランド』でもあります。

 

 

実際に私が撮影したエルニドの写真です⏬

(iPhone8使用、加工なし)

エルニド風景

“神が創造した最後の秘境”と言われる楽園「エルニド」

 

「17世紀にこの地を訪れたスペイン人がこのただならぬ美しさに圧倒され、何もせずに立ち去った」というのはこの地に語り継がれる有名な話です。

 

そんなエルニドのコンセプトは、

「Take nothing but photograph(写真以外は何もとらないこと)」

「Leave nothing but footprints(足跡以外は何も残さないこと)」

「Kill nothing but time(時間以外は何もつぶさないこと)」です。

 

【パラワン島エルニド】行き方は2パターン

エルニド行き方

エルニドへの行き方には2パターンあります。

 

①飛行機のみで行く(最短コース)
②飛行機+バス(時間はかかるけど安く行けるコース)
順番に解説していきます。

飛行機のみで行く(最短コース)

日本から最短コースで行く場合、日本からマニラ(またはセブ島)を経由してエルニド空港へ行くパターンとなります。

 

残念ながら、日本からエルニド空港への直行便はありません。

 

ステップ①〜日本からマニラ(またはセブ島)へ

まずは日本からマニラ(またはセブ島)へ行きます。

 

日本からの所要時間は以下の通りです。

■マニラ行きの場合〜東京(羽田・成田)から4〜5時間
■セブ行きの場合〜東京(成田)から5時間
日本からマニラ(またはセブ)へは、日本国内の主要空港から直行便が出ています。
最近はLCCもたくさん運行しているので、アクセスはしやすいですね。
特にエアトリなら、格安航空券を簡単にすぐ予約できます。
公式サイトはこちら▶️格安航空券エアトリ
ステップ②〜マニラ(またはセブ島)からエルニド空港へ
マニラ(またはセブ)に到着したら、エルニド空港に向かいます。
エルニド空港へは、エアスイフト(AirSWIFT)を利用します。
(エアスイフトはフィリピン国内を運行している航空会社です)
公式サイトはこちら https://air-swift.com
エルニド空港はとても小さな空港で、運行している飛行機はエアスイフト(AirSWIFT)社しか無いです。
エルニド 生き方  エルニド 生き方
上記写真の通り、小型飛行機なので、飛行中はかなり揺れます。人によっては少し苦手かもしれません。機内もガラガラです。

・マニラ(またはセブ)からエルニドへは、約1時間半ほどで到着します。

・片道約4,000ペソ(8,400円)前後です。

 

注)エルニド空港へ向かう便の本数には限りがあるので、乗り換えの時間やタイミングは十分に検討しましょう。通常の国際線に乗るよりも、時間に余裕を持たせるようにして下さい。

 

エルニド空港からホテルへの移動は、ホテル側で空港ピックアップがあれば利用しましょう。

最高のロケーションにあるエルニドのおすすめホテルは、エルニドビーチホテル「El Nido Beach Hotel 」についてでご紹介してます。

 

エアトリで格安ホテルを予約する方は、こちらから▶️格安航空券エアトリ

ホテル側でピックアップが無い場合は、自分で移動が必要になります。

その際はトライシクル(バイクの横に荷台を付けた乗り物)に乗って移動するのがオススメです。

 

トライシクルの外観  トライシクルの内観

空港前の広場にいる人に話しかければ、トライシクルに乗って300ペソでエルニドの街中まで行けます。

タクシーと違ってメーターが無いので、乗る前に料金の確認や交渉を必ずしましょう。

約10分くらいで街中に到着します。

 

飛行機+バス(時間はかかるけど安く行けるコース)

「予算の都合上もう少し安く行きたい!」という人へ向けて、安く行けるコースをご紹介します。

 

ただし、このコースでは飛行機とバス両方に乗る必要があります。

パラワン島にある最大の街、プエルトプリンセサを経由する方法です。

 

日本からマニラ(またはセブ)→プエルトプリンセサ→バスに乗ってエルニド

という流れになります。

 

メリット:安く行ける

それでは、この安く行くコースの流れを説明していきます。

 

ステップ①〜マニラ(またはセブ)からプエルトプリンセサへ

マニラ(またはセブ)から国内線に乗って、プエルトプリンセサ空港まで移動します。

プエルトプリンセサからエルニドへは、乗り合いのバンかバスを利用します。

 

・乗り合いのバン(ハイエース的な車)

所要時間:約5〜6時間、料金700ペソ

 

・バス

所要時間:約7〜8時間、料金500ペソ前後

どちらの車内も冷房が強い場合があるので、1枚羽織るものを用意しておきましょう。

 

【パラワン島エルニド】必要なものや持ち物について

エルニド行き方

エルニドへ行き方がわかったところで、持ち物は準備しましたか?

世界有数の絶景をたくさん見て、現地でマリンスポーツを思う存分楽しむためには、『しっかりとした準備』が必要です。

 

特にマリンスポーツに必要になるものや、フィリピンの治安対策に有効なアイテムは必ず用意して行きましょう。

エルニド旅行に必ず必要になる持ち物は、【パラワン旅行】必要なものや持ち物リストまとめで詳しく紹介しています。

 

【パラワン島エルニド】おすすめの日数やベストシーズン

エルニド行き方

エルニドへの旅行の日数は、1週間ほどをおすすめします。

エルニドのアイランドホッピングツアーには、それぞれの島へ向かうツアーがA〜Dまで4つのコースがあり、1コースを1日かけて回ります。

 

それぞれのコースで体験できるアクティビティや絶景スポットが異なるので、「全部見たいし全部体験したい!」という方は最低でも6日間は必要です。

またフィリピンは雨季と乾季の2つに分かれています。

中でももっとも晴天率が高くなるベストシーズンは、2〜4月です。

 

エルニド旅行に必要な日数やベストシーズンについて、【エルニド】観光に必要な日数とベストシーズンで詳しくご紹介してます。

 

まとめ:【パラワン島エルニド】場所や行き方を紹介(最短コース・最安値)

エルニド行き方

最後にもう一度まとめると、パラワン島エルニドへの行き方は、2つあります。

 

ただし移動にかかる時間や、移動ストレスを考えると、マニラ(またはセブ)から直行便でエルニド空港へ行くことを強くオススメします。

 

 

以上、パラワン島エルニドへの行き方のご紹介でした。

よく読まれている記事は、こちら⏬

【フィリピン・エルニド】おすすめのお土産10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました