フィリピンで効率的に英語を勉強できる3つの方法

英語・留学
スポンサーリンク

 

英語を勉強しなきゃいけないんだけど、なかなか時間が取れないな

少しの時間で効率的に勉強できる方法はないかしら

ということで、フィリピン在住の方へ、少しの時間でも効率的に英語が勉強できる3つの方法をご紹介します。

私がフィリピンで実際に行なっている方法で、それぞれのメリットとデメリットもあわせてご説明していきます。

この記事を読み終えると、今日からいつでも効率的に集中して英語が勉強できるようになりますよ。

(もちろん、フィリピン在住の方以外にも、参考になる方法です)

スポンサーリンク

フィリピンで効率的に英語を勉強できる3つの方法

英語学習において一般的には、「短い時間で集中して勉強すること」が良いと言われています。

丸一日時間があっても集中力が続かないし、ついついダラけてしまいますよね。

限られた時間で一気に集中してやる方が効率的になるため、最近ではセブ島の語学学校で短時間の集中プログラムを採用する学校が増えています。

フィリピン留学を予定されている方は、電子辞書を持参しましょう▶️【フィリピン留学】電子辞書が必要な3つの理由(おすすめ品も紹介)

以上を踏まえて、フィリピンでの効率的な英語の勉強方法を3つご紹介していきます。

Grab(グラブ)での移動中に勉強

フィリピンでの通勤や外出時に、グラブに乗って移動する方が多いと思います。

ただしフィリピンの交通渋滞はヒドいですよね。国として非常に大きな課題であり、特にメトロ・マニラやセブ中心部は深刻です。

時間帯やエリアにもよりますが、少しの移動だけでかなりの時間が取られます。

この移動時間がもったいないですよね。

このグラブでの移動時間を英語の勉強に有効活用する方法です。

この無駄な時間を英語の勉強に活用できれば、移動もできて英語勉強もできて一石二鳥ですよね。

念の為、グラブをご存じない方へ、

Grab(グラブ)とは、東南アジアの最大の配車アプリ。現在はシンガポールに本拠地を置いている配車サービスを中核としている会社。7種類の配車サービスがある。

要はアプリ上で手配できるタクシーです。

もちろん、グラブ以外で移動中する際にも、英語学習をすることは可能です。

バスやUV(乗り合いの車)など勉強しようと思えば、どんな移動中でも勉強はできます。

バスやUVの乗り方については、下記の記事をご覧ください⏬

「最新」フィリピンのバスの乗り方や運賃、メリットとデメリット

「UV Express」フィリピンの乗り合いバンについて

Grab(グラブ)で勉強をするメリット

①タクシーの中という狭い空間で1人になれるので、集中力が続きやすい。

②ソファーやベッドがない分、ダラダラとできない。

③目的地までの時間が決められているため、効率的に集中して取り組める。

Grab(グラブ)で勉強をするデメリット

①車が揺れる。

②たまに運転手が話しかけてくる。

③人によっては車酔いをする。

コンビニのイートインコーナーで勉強

外出時や移動中にコンビニに寄ることありますよね。

フィリピンの多くのコンビニにはイートインコーナーがあります。

イートインコーナーで、30〜1時間ほど勉強するという方法です。

なぜカフェではなく、コンビニなのかと言うと、フィリピンのカフェは店内がうるさいからです。

日本のカフェの雰囲気とは大きく違い、とても騒がしいですよね。

フィリピンのカフェはみんな楽しくワイワイ会話をする場所なので、あまり勉強には向いていないです。

当然人が少なく、静かなカフェならOKですが、スターバックスをはじめとする多くのカフェは常に人が沢山いて、非常に騒がしいです。

そのため、コンビニのイートインコーナーが意外と穴場です。

コンビニで勉強をするメリット

①カフェに比べて店内が静か。

②いつでも安く、お水や軽食を取ることができる。

③どこにでもある

コンビニで勉強をするデメリット

①トイレが無い

②参考書などを広げるスペースが無い。

③周りの人からの視線。

列に並びながら勉強

フィリピンって、待ち時間がとても長いですよね。

特に、飲食店や買い物で列に並んでいる時間が異常に長い。

コンビニやショッピングモール、バスや電車など、この待ち時間が蓄積すると結構な時間になってます。

この列に並んでいる時間に勉強をするという方法です。

参考書を出して勉強するのは厳しいかもしれませんが、スマホのアプリを使用して、単語の勉強やリスニングをやることは十分に可能です。

この2,3分〜5分の短い時間は、コマ切れにはなりますが、「塵も積もれば山となる」です。

列に並びながら勉強をするメリット

①短い時間で何度も反復練習ができる

②短期集中

③疲れない

列に並びながら勉強をするデメリット

①勉強できる内容が限られる

②区切るタイミングを他者に依存される

③イヤホンで音声勉強する場合、周囲への注意が必要

フィリピンで効率的に英語を勉強できる3つの方法 具体例

それでは上記で挙げた、

⑴Grab(グラブ)での移動中に勉強

⑵コンビニのイートインコーナーで勉強

⑶列に並びながら勉強

という3つの方法において、それぞれに合う、具体的なオススメの勉強の仕方をご紹介します。

Grab(グラブ)での移動中

タクシー内では比較的まとまった時間、集中して勉強することができます。

グラブ車内で、英語の参考書を開く、Netflixで映画を英語字幕で視聴、YouTubeで英語の学習動画などを視聴すると良いです。

Wi-Fiが無いと動画視聴が難しいという方は、事前にWi-Fi環境下でダウンロードしておくと良いでしょう。

コンビニのイートインコーナー

コンビニのイートインコーナーは意外と穴場です。

周囲に多少の気を使いつつも、自由に勉強ができます。

参考書を1冊出す程度であれば問題はありませんし、NetflixやYouTubeを視聴するのも良いと思います。

列に並びながら

 

 

スーパーやデパートに並んでいる時間も、塵も積もれば山となるです。

 

上記の2つに比べて、まとまった勉強時間やスペースの確保が難しいため、だからこそ、他とは違う勉強の仕方が効果的です。

 

 

スマホ1つで、数分で完結できるコンテンツを利用すると良いでしょう。

 

具体的には、PodcastやBBC Newsで英語リスニングをするのがオススメです。

またはTwitterを利用するのも効果的です。普段から英語の情報を発信しているアカウントをフォローしておくと良いです。

これらの方法で、列に並んでいる間の短い時間でも効率的に学習が可能です。

効率的に英語を勉強できる3つの方法 動画編

英語学習 映画

英語の学習にはいろいろな方法があります。

参考書で座学、ひたすら単語帳を暗記、洋書を読む、シャドーイング、音楽でリスニング、友達を作って実践するなど。

特に英語の参考書や洋書を使えば英語学習に効果的なのはわかりますが、なかなか続きませんよね。

そこでおすすめなのが、海外の動画を視聴して楽しみながら学習する方法

海外の500本以上のニュースや映画、アニメやスピーチの動画を、英語字幕と日本語字幕を同時に表示して視聴できる動画サービスがあります。

しかも”無料”です。

下記の記事にこの動画サービスを詳しくご紹介してるので、ぜひご覧ください⏬

【英語学習】字幕付きで映画を観るならコレ(無料サービス)

英語学習の時間を作る方法(日本在住者向け)

英語学習 家事代行

とはいえ、日常生活で隙間時間を使いながら英語学習をするのは、なかなか大変なことですよね。

特に仕事をされている人は日中仕事をして、家に帰ってからご飯支度や掃除や洗濯など、たくさんやることがあります。

専業主婦の方も、掃除洗濯自炊に子育てと、いくら時間があっても足りませんよね。

そんな人におすすめなのが、家事代行サービス。

実はフィリピンは家政婦大国であり、世界中でフィリピン人の家政婦が活躍しています。

 

 

日本でもそんなフィリピン人の家政婦を、格安で頼むことができます。

 

安心の日本政府認定の家事代行サービスは、【ピナイ家政婦サービス】

もちろん日本語が話せるフィリピン人家政婦さんですよ。

フィリピンで効率的に英語を勉強できる3つの方法 まとめ

いかがでしたか?

毎日グラブに乗る方には特に、車内で英語の勉強をすることをオススメします。

もちろん個人差はありますが、往復の通勤や外出時など毎日30〜1時間ほど乗っている方も多いはずです。

仮に1日30分で計算すると年間10,950分、なんと7.6日分です。つまり年間で1週間以上の時間、タクシーに乗っているということです。

その他にも日常生活には様々なコマ切れの時間が存在するので、隙間時間をできるだけ英語学習に当てて、効率的に勉強してみてはいかがでしょうか。

以上、「フィリピンで効率的に英語を勉強する方法」のご紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました